2021年第2回 常任幹事会を開催しました


2021年5月19日、第2回建築会常任幹事会を開催しました。
主な議題となったのは、下記の通りです。

 

1)学内の近況報告
 ①2020年度の学位授与式の報告(16:30~アーキテクトプラザにて開催)

 ②退任教員(5名)について報告:堀越、藤澤、土方、赤堀、伊藤

 ③新任教員(6名)の紹介:
 猪熊 純 :著名な建築家、堀越先生の後任(計画)
 小塙芳秀:明治大学バルセロナで建築活動、赤堀先生の後任(計画)
 岡崎瑠美:昨年まで建築学部特任教授、坂茂事務所出身、エチオピアで研究、人文系から転科(歴史)
 小柏典華:日本女子大(歴史)
 浅田勇人:上村研出身、鋼構造担当(構造)
 佐藤和美:人文系
 ※SAコースの専任教員12人中3人が変わった。第4次変革期と言える。

④新建築学部長:秋元孝之、コース代表:志村秀明・隈澤文俊

⑤講義・実験・演習等の状況
 ⇒新学期早々は、ほぼ100%登校していたが、連休後は6割程度に減じた。
 ⇒当面ハイブリッド授業なので手間が掛かる

⑥学内への立入禁止措置の現状と本年度の予定 など
 ⇒学生はフリーで入れるが、時間制限がある。

⑦新入式:今年は対面で開催され、ほぼ100%出席していた模様。

⑧感染者は、1+38=39人とされている。職員の半数くらいはリモートの模様。

⑨学校法人の執行部はまだ機能してない模様。

⑩陸上部の学生寮は工事に入ってない。工事費約3億円。

 

2)60周年記念誌について

 ⇒原則として、今後は販売しない。

 

3)建築会会費の振込み状況および入会金の進捗状況

 ⇒振込者数:278名、寄付者数:147名
 ⇒新卒者の入会金について、本年度は諸般を鑑みてお願いしない。ただし、卒業生へのメッセージ等を通じて強くお願いする。

 

4)2020年の「建築会会報 第36号」の印刷部数、発送部数等の確認

 

5)建築学科卒業生名簿の整理

 

6)建築デザインチャンピオンシップの支援

 ⇒2020年度の支援金は¥36,850-だったが、2021年度も予算組み(5万円)をする。建築会で負担。

 

7)「(仮称)芝浦建築会」設立に伴う建友会との合同会議およびコア会議

 ⇒建友会との合同会議(第1回:2018年8月29日、第2回:2019年5月10日、第3回:11月15日に開催済み)
 ⇒建友会は、11月21日(土)に解散のための総会を豊洲キャンパスにて開催、2021年3月31日をもって解散する事が承認された。

 ⇒最終的な合同会議として、建築会総会開催前に行う必要がある。
 ⇒予定日;9月か10月頃。新しい建築会が出来るまでは、建築会は解散しない。
 ⇒7/12(月)にコア会議があるので議題にのせる。

 ⇒建築会+建友会コア会議を、2020年12月14日(第4回)、2021年2月17日(第5回)、2021年2月26日(第6回)、2021年4月21日(第7回)をリモートで開催。
 ⇒新会長について、約10名程度の候補者を挙げて協議し、コア会議メンバーからの選出が妥当であるとして、建築会㓛刀副会長を「(仮称)芝浦建築会 幹事会代表」として選出。
 ⇒秋口に新OB会設立総会を開催予定。㓛刀代表は、設立総会にて新会長(任期2年)として選出する。
 ⇒設立総会開催時に懇親会を開催するのが理想であるが、いつまでも新OB会が準備委員会のままなのは健全な状態とは言えないので、懇親会が開催される状況になくとも、今年末に総会は開催するべき。

 ⇒3/17(水)の卒業式で卒業生向けの説明で、新OB会を設立は出来ないとしても、新会長候補者がメッセージを発信するべきとし、2/26のコア会議で推挙された㓛刀氏(新会長候補者)がリモートで参加した。

 ⇒会報の発行については、“紙媒体の会報の発行は必要ない。HPに掲載するだけで良い”という意見と、“当面は紙媒体で発行する必要がある”との意見もあった。

 

8)「第14回定期総会(解散を兼ねた総会)」および「第1回芝浦建築会(設立総会)」について

 ⇒コロナ禍が収束しそうにない状況下、および、学内の教室・生協が借用できるか否かなど不確定要素が多いが、2021年12月4日、11日、18日に開催予定で準備を進めるか?

 

9)その他
 ①会報「第37号」として、通常の記事と「解散総会と設立総会」の案内を兼ねて発行するか?または臨時号として「解散総会と設立総会」の案内のみを建築会と建友会の会員に郵送するか(またはHP等の活用?)。
 ⇒通常の記事と「解散総会と設立総会」の案内の場合;7月から9月にかけて作業を進める必要がある。
 ⇒臨時号とした場合;10月~11月初旬に総会の案内文を両会員に送付する。合わせて、HP.にも掲載する。

 ②次期会長、役員等の選出については、会長候補者を㓛刀強(1976年卒)氏とするが、副会長、事務局長、会計、会計監査、常任幹事の選出方法と時期について検討を進める。

 ⇒基本路線はコア会議で決めることとしたいが、第6条(役員)の条文を以下に示す。

本会には、次の役員を置く。
(1)会長 1名 ⇒ 功刀
(2)副会長 3名(うち学科主任1名を含む)⇒学科主任=学部長だけで良いのでは?
(3)事務局長 1名、事務局員 2名
(4)会計 2名
(5)会計監査 2名
(6)幹事 15名以内(うちコース代表3名を含む)

 ③その他

 

 

次回は、2021年6月23日(水)18時より開催します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です