2021年第3回 常任幹事会を開催しました


2021年6月23日、第3回建築会常任幹事会を開催しました。
主な議題となったのは、下記の通りです。

 

1)60周年記念誌について

 ⇒原則として、今後は販売しない。

 

2)建築会会費の振込み状況および入会金の進捗状況

 ⇒振込者数:278名、寄付者数:147名(変化なし)

 

3)2020年の「建築会会報 第36号」の印刷部数、発送部数等の確認

 

4)建築学科卒業生名簿の整理

 

5)建築デザインチャンピオンシップの支援

 ⇒2020年度の支援金は¥36,850-だったが、2021年度も予算組み(5万円)をする。建築会で負担。

 

6)「(仮称)芝浦建築会」設立に伴う建友会との合同会議およびコア会議

 ⇒最終的な合同会議として、建築会総会開催前に行う必要がある。予定日;9月か10月頃。
 ⇒7/12(月)にコア会議があるので議題にのせる。(その後進捗なし)

 

7)「第14回定期総会(解散を兼ねた総会)」および「第1回芝浦建築会(設立総会)」について

 ⇒コロナ禍が収束しそうにない状況下、および、学内の教室・生協が借用できるか否かなど不確定要素が多いが、2021年12月11日(土)を第1候補とし、12月4日(土)を第2候補、12月18日(土)を第3候補として開催準備を進める。
 ⇒12/11(土)開催を前提として準備を進める。

 ⇒建築会会報の発行については、“紙媒体の会報の発行は必要ない。HPに掲載するだけで良い”という意見と、“当面は紙媒体で発行する必要がある”との意見もあったが、【会報37号】を作成・発送する方向で準備を進める。

 

8)その他

①会報「第37号」として、通常の記事と「解散総会と設立総会」の案内を兼ねて発行し、建築会の会員に限定して郵送する(ただし、HP等の活用も図る)。

 ②次期会長、役員等の選出については、会長候補者を㓛刀強(1976年卒)氏とするが、副会長、事務局長、会計、会計監査、常任幹事の選出方法と時期について検討を進める。

 ③その他

 【Ⅰ.今後の日程について(案)】
 1) コア会議の日程;2021年7月12日
 2) 建築会常任幹事会、合同会議および総会の日程(案)について

 【Ⅱ.建築会会報37号について】
 1)プログラム(案)および執筆者・担当者
 2)スケジュール(案)

 【Ⅲ.新会則について】
 1) 本日の常任幹事会、7月12日に開催予定のコア会議および10月に開催予定の合同会議でそれぞれ最終確認を行う。

 

 

次回は、2021年7月20日(火)18時より開催します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です